FC2ブログ
2019 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 05

カテゴリ:自動車整備 の記事リスト(エントリー順)

カーナビの移植!

 【03//2019】

2019年4月3日(水)

娘の車から取り外してたカーナビを
私の愛車(アトレーワゴンS320G)に取り付けました!

ナビ1

まずは、オーディオやメーターを取り外します。

ナビ2

はい取り外しました~

ナビ3

メーターは上部のネジを1本外すし
手前に引くと取れますよ~

ナビ4

次に、速度パルスをメーター配線から
取ります。
画像のオレンジ色の線で速度パルスが
取れるそうです。

ナビ5

次はリバース信号を取るための配線
を探します。

ヒューズボックスが付いているカバーを
全て取り外しますがビス2本でとめて
あるので取り外しは簡単です。

ナビ6

カバーを外すとヒューズボックスの横に
3つのカプラが見えますが、真ん中の
青色のカプラにリバース信号が取れる
線があるそうです。

ナビ7

緑白の線がリバース信号の線だそうです!

ナビ8

割り込ませました!

ナビ9

次は助手席がわのサイドピラカバーを
取り外してワンセグとGPS用の配線を
通して行きます。

ナビ10

ワンセグとGPSのフィルムアンテナは
一度取り外すと使えなくなるので
社外品を格安で購入(笑)

ナビ11

アンテナ本体用の両面テープまで付いておりました!

ナビ12

はい取り付け完了~

ナビ13

カバーも元に戻しました!

ナビ14

ナビ15

次はバックカメラ用の電源を取るために
バックランプ用の配線を探します。

テールランプを取り外して裏のカプラから
配線を取ると楽ですよ!

ナビ16

緑がプラスで、白がマイナスでした!

後はバックカメラ用のピンコードをナビ
側からリヤバンパーまで通して・・・

ナビ17

ナビの取り付け完成!

電源も無事に入りました(笑)

ナビ18

テレビも映ります!

ナビ19

バックカメラも起動します!

軽自動車のナビ取り付けは作業が楽です(笑)

2時間くらいで終わりましたよ~

でも、普段はFMラジオしか聞かないのですよね~(笑)


それでは、また明日・・・





スポンサーサイト

Category: 自動車整備

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

移植予定・・・

 【24//2019】

2019年3月24日(日)

全く乗らなくなった娘の車から
カーナビを取り外しました。

ナビ1

この車を欲しい人が居た時に売れば
良かったのですが、嫁さんが売るのを
拒んでしまい、そのまま放置・・・

バッテリーも新品、タイヤも新品
車検も32年6月まで付いてますと
嫁さんが買い取り会社に連絡した
そうですが撃沈・・・(笑)

平成15年式が売れる訳がありません(笑)

放置した車にカーナビは勿体ないので
私の車に移植しようと思い取り外しました。

ナビ2

はい!
純正に戻りましたよ~
CDなりませんけど(笑)

ナビ3

ワンセグとGPSのアンテナフィルムを
注文しましたので、届き次第、時間が
ある時、アトレーワゴンに取り付けます!


それでは、また明日・・・

Category: 自動車整備

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

チャコールキャニスター交換!

 【17//2019】

2019年3月17日(日)

最近、愛車のアトレーワゴンから
強いガソリン臭がするのです。

燃料タンク内にガソリンが半分くらいの
量になったときに匂いが強くします。

燃料タンクからの燃料漏れや色んな
ホース類の亀裂や損傷を調べても
異常が無かったのでチャコールキャニスター
の詰まりと判断!

現在16万キロ走ってるので長持ちした
方だと思います(笑)

チャコール1

これがチャコールキャニスターです!

中に活性炭が入っています。

チャコールキャニスターの役目は、燃料タンク
内で気化した蒸発ガスを、大気に排出せずに
チャコールキャニスター内の活性炭に吸着させて
燃焼室へ送ってあげるための部品です。

チャコール2

チャコールキャニスターが正常に機能して
いるかの点検方法として緑の矢印(大気吸排口)
側から息を吹き込んで赤色の矢印部分から
排出されているかを点検、その後は同じように
緑側から吹き込んで赤色矢印部分を片方ずつ
指で押させて、押さえてない部分から排出されれば
正常です。

息を吹き込むのに抵抗が有ったり、赤色の矢印
部分から排出されて無かったりしたらチャコールキャニスター
内部の詰まりやバルブの故障となります。

もっと簡単な点検方法は、エンジンを始動させて
暖気運転をしてエンジンが温まったらエンジンを
切り、燃料キャップを一度、開けタンク内を大気圧
にします。

その後、燃料キャップを閉めてエンジンを1分ほど
始動させてアイドリング状態のままで燃料キャップを
緩めてみた時にシューと言う音がしますが、この時に
ガソリンの匂いがしたら正常です。

逆に給油口から空気が吸い込まれる感じなら
チャコールキャニスターの詰まりと考えられます!

チャコール4

早速交換してみます。

車をジャッキアップして交換しますが、アトレーワゴン
の場合、痩せてる人なら車を上げなくても交換
できると思いますよ~私は無理でしたけど~(笑)

チャコール5

取り付け場所は、ミッションの横当たりです。
運転席の背もたれ部分の下当たりと思って
もらえば分かると思います。

チャコール6

画像の真ん中に写ってるのがチャコールキャニスター
です。

取り付けは簡単でして・・・

チャコール3

この部分を屋台に引っ掛けてあるだけですが
1枚上の画像で分かるようにチャコールキャニスター
右側の真ん中あたりに白いプラスチックのピンが
見えております。

これを指で摘まんで手前に抜くと・・・

チャコール8

こんな感じで外れます。

後はチャコールキャニスターを下から持ち上げれば
簡単に取り外せます。

チャコール9

ホースは、こんな感じで取り付けたまま外すと
外しやすいし、取り付けも簡単にできますよ~

この状態で、先ほどの息を吹き飲んでのテスト
をやってみたら、息を吹き込むのがキツイくらい
に詰まっておりました(笑)

画像下側のホースの先には・・・

チャコール10

こんなバルブも付いておりますが、これも
点検しておいたほうが良いです。

緑側から息を吹き込み赤側へ抜け、逆から
吹いた場合に息が吹き込めなければ正常です。

チャコール11

交換完了!

チャコール12

ホースも取り付けて作業終了です。

これで、ガソリンの匂いから解放されます(笑)

補足として、チャコールキャニスターが詰まった
ままの状態で使用していると燃料タンク内が負圧
状態になりタンクの変形やひび割れが起きて
ガソリンが漏れたりする事があるそうです!

私と同じように、最近なんかガソリンの匂いが
車内や車の周辺からすると言う方、一度
点検しておいた方が良いかもですよ!


それでは、また明日・・・



Category: 自動車整備

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

パンク・・・

 【10//2019】

2019年1月10日(木)

火曜日の仕事終了時間間際にYFC会長の
愛車・・・新車で買ったばかりの日産リーフの
タイヤがパンクしてると大騒動~(笑)

会長はパンク=タイヤを交換しないとイケない
と思ってたらしくてパンク修理が簡単に
出来るとは知らなかったようでした(笑)

パンク1

タイヤのパンク修理は会社の整備士の方が
やってくれたのですが、タイヤに刺さっていた
物が画像の鉄の棒~(笑)

よくこんな物が刺さったなぁ~
と思えるくらいの長さの棒でした。

会長は刺さってた棒が何の棒なのか
気になったみたいでして自宅に帰って
からネットで調べみたいです(笑)

その結果が・・・

パンク2

これ!
セパレーターと言うボルトで型枠大工で
使用されているものらしいです。

パンク3

会長、余程悔しかったのでしょうね~
とことん調べて私に画像を送ってきました(笑)

型枠に使うボルトだったら資材の輸送中に
道路に落としたのでしょうね~

長い物が道路に落ちてる場合、知らずにフロント
タイヤで踏んでしまうと、その物が跳ね上がり
それをリヤタイヤで拾ってしまうと踏んだ角度により
リヤタイヤのパンクの原因になります!

会長の車もリヤタイヤがパンクしてたので道路に落ちてた
ボルトをフロントタイヤで踏んだのでしょうね~

釘やボルトなど長い物が刺さりしてタイヤが
パンクしてる場合は高確率でリヤタイヤが多いですよね!

今回は幸いなことに会社でパンクを発見
できたので直ぐに修理してもらえましたが
これが知らずに走ってしまってると、場合に
よってはタイヤが使えなくなったかもですね!

会長、タイヤ交換しなくて済んだので良かった
ですね~(笑)



それでは、また明日・・・





Category: 自動車整備

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

車検・・・

 【28//2018】

2018年12月28日(金)

通勤に釣りにと頑張ってくれている
愛車の車検を受けてきました!

車検1

テスターが並ぶ検査コース内は
撮影が禁止されてるので入り口だけ・・・(笑)

朝一に予約を入れてたので書類の
確認を済ませて検査コースに並びました。

排気ガス検査、サイドスリップ検査、
スピードテスター、ブレーキ検査、
ライト検査、下回りの検査を無事に
終えて・・・

車検2

車検証と検査標章が交付されました!

検査ラインを通すのは、整備に問題が
なければ10分くらいで終わります。

自宅に帰り・・・

車検3

検査標章をフロントガラスに張り付け!

そして・・・

車検4

このテーブルも取り付けます。

車検5

ハイ!
取り付け完了(笑)

テーブルを付けたままでは車検が
通りませんので出かける前に取り外して
行きました(笑)

これで、また2年間頑張って走ってもらいます!

まだまだエンジンも元気なので20万キロは
余裕で乗れそうです(笑)

車検が早く終わったのでミヤタ船長号に
取り付ける為に製作していたパネルの
塗装をやりました。

パネル1

YFCブランドのパネルになりました(笑)

パネル2

こちらのパネルはミヤタ船長の好みで木目が
見えた方がカッコよいと言う事でフローリング
材のには透明ニスを塗りました。

白い塗料はウレタン塗料なので湿気などには
強いので板が腐るのを防いでくれます!

これで完成ですが問題はボートに持って行き
キッチリ取り付けが出来るかが問題です(笑)

なるべく隙間が出来ないように型紙にキチキチ
で合わせて作ったので取り付けが出来ないようなら
港で再び板を削ることになります(笑)

やはく取り付けて見たいですね~


それでは、また明日・・・

Category: 自動車整備

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る