2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

カテゴリ:ボート の記事リスト(エントリー順)

もう3年・・・

 【23//2018】

2018年5月23日(水)

ついに送ってきました・・

検査2

検査1

小型船舶検査機構より中間船検
のお知らせが届きました。

早いですね~

本検査を受けてもう3年経つのですね~

検査3

色々書類が入っていましたが、検査料金を
振り込んだ後に申し込みになります!

来月くらいに受けましょうかね~

10月までに受ければよいのですが
娘の車の車検もあるので、仕事を1日
休みをもらって、同じ日に船検も受けてみます。

YFC号を手に入れて4年経ちましたが
大きな故障もなく釣りに連れて行って
くれてますので、これからも大切に
乗って行きます(笑)


それでは、また明日・・・
スポンサーサイト

Category: ボート

Comments (6) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ボートの燃料タンク清掃!

 【20//2018】

2018年5月20日(日)

土曜日は時化の為にボートエギングは中止・・・

なので最近気になっていたボートの燃料タンクの
掃除に出かけてきました。

少し波が高い時に叩きながら走ると港に
戻った時に燃料フィルターに水が溜まる事が
あり気になってたのです。

ボートを手に入れて4年くらいになりますが
一度も燃料タンクの掃除をやった事がありませんでした(笑)

掃除1

100リットルほど入る燃料タンクです。
海面に近い部分に設置してあるので海水との
温度差でタンク内に結露して水が溜まるようです。

掃除2

タンクの中心にある燃料ゲージフロートを
取り外して、燃料を抜き取ります。


掃除3

画像のポンプ、めっちゃ使いやすかったですよ~
300円からおつりがくるくらいの値段でした(笑)

掃除4

ポンプをタンクの奥まで差し込まないように
気を付けてタンク内の燃料を抜き取り、最後の
10リットルほどをタンクの底にポンプを突けて
抜き取ると、水が混じったガソリンが出てきました。

バケツに入れると分かるのですが、水とガソリンが
綺麗に分離しています。

この状態からさらにガソリンの部分だけをポンプで
抜き取ります。、

掃除5

ガソリンの層を1センチほど残して抜き取り終了!

水は3リットルくらい入っておりました。

掃除6

次にタンク内の清掃ですが、太めの針金を2重に
曲げて先の方にぼろ布を結びます。

これをタンク内に入れて感覚でタンク内を清掃します(笑)

掃除7

ぼろ布を数枚交換しながら掃除すると、こんなに
汚れが取れました!

やっぱり中は汚れてるのですね~

掃除9

画像では分かりませんね~(笑)
中は綺麗になりましたよ~

掃除10

フロートを元に戻して燃料を満タンに
入れました!

なるべく満タンにしておかないとタンク内に
空気があるほど結露が起きますからね~

掃除11

こうやって見るとガソリンと水の分離している
部分が良く分かりますね!

このガソリンは使えないので燃料を買った
ガソリンスタンドで引き取って頂きました。

掃除12

ゴミや水を頑張って抜き取ってくれてた
燃料フィルターもパーツクリーナーで
掃除しましたよ!

掃除13

ハイ!
綺麗なガソリンが入りました(笑)

掃除14

燃料タンクに水が溜まる原因は結露が大半
だそうですが、燃料の給油キャップの鍵穴
からも侵入することがあるそうです。

掃除15

とりあえず、せっかくタンクの掃除したので
水が入らないようにテープ張って帰りました(笑)

このキャップにキッチリ取り付けできるキャップを
探してみます!

スプレーオイルの556のキャップがキッチリ合うと
教えてもらったのですがキャップだけ売ってない
ですからね~(笑)

燃料フィルターを新しくしてからはキャブが調子良い
のですが、古いフィルターの時には年に1回キャブ
のオーバーホールをやらないと調子が悪くなって
おりました。

燃料の水雑じりが原因だったのでしょうね!

4スト船外機を使用している方は、タンク内の
水には気を付けておかないとキャブ使用じゃない
船外機は直ぐにノズルが詰まりエンジン不調の
原因になりますよ~(笑)

気になっていた作業が終わったので次からは
安心して沖へ出れます!


それでは、また明日・・・






Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

久々にボートメンテ!

 【06//2018】

2018年8月6日(日)

5月の連休、初日の3日に「烏賊鐵會」
のメンバーとボートエギング予定でしたが
その日は爆風で大時化・・・(T_T)

釣りは中止になったので、久々に
ボートのメンテに出かけてきました!

整備1

以前から気になっていた船外機の
ストッパーが最近はメッチャ動かなく
なっておりました。

整備2

家から発電機を持って行きヒートガン
で潮が固着している部分を温めます。

バーナーであぶるのが早いのですが
エンジンに近かくて危険なのでヒート
ガンにしました(笑)

暫く温めて動きが良くなったところに
スプレーオイルを注すとかなり動く
ようになりました!

整備3

整備4

次にエンジンもパーツクリーナーや
真水で洗浄して・・・

整備5

綺麗になりましたよ~

ついでにエンジンも始動!

整備6

カウル内部も綺麗になりました。

整備7

先日から直さないと!
と思っていたバウスプリットのレール
の固定部分も・・・

整備8

整備9

整備10

ゴムシートを付け直してキッチリ固定!

グラつきが無くなりました。

整備11

そして・・・

烏賊墨の清掃・・・

整備12

漂白剤を水で薄めて霧吹きで
汚れた部分に吹きかけて暫く待った後に
水で流すと・・・

整備13

ハイ!
めっちゃ綺麗~~(笑)

3時間ほどマイボートで、のんびりメンテして
帰りには、恒例の生存確認作業で・・・

整備14

ノグチ船長号・・・浮いてます!

整備15

A・T・M号・・・浮いてます!

整備16

飛鷹丸船長号・・・浮いてます!

皆さんのボートも爆風の中左右に
揺られながらも頑張って浮いてました(笑)

釣りに出れなくても海に行けるだけで
何か落ち着きます(笑)

連休は時化で出れない感じですね~
天気が落ち着いてくれませんかね~


それでは、また明日・・・

Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

完成!

 【20//2018】

2018年4月20日(金)

NEW憲志郎丸船長号に使用する
自作船底シートが完成したそうです!

設置1

さっそく港へ設置するために輸送です。
やっぱり大きいですね~(笑)

設置2

海に浮かべてロープで設置!

いや~完璧な出来あがりですね~

設置3

設置4

これ、市販品の船底シートより浮いてる感じで
しかも、ピッタリサイズですね!

係留場所も、憧れの浮桟橋!

私には縁がない係留場所ですね~(笑)

設置5

この画像を見て、鯉のぼり欲しくなりました!

私には娘しかいませんけど、ボートに鯉のぼり
付けようかなぁ~(笑)

NEW憲志郎丸船長のお父さん、製作作業
お疲れ様でした!

NEW憲志郎丸船長、画像ありがとうございました!

めっちゃ助かりました(笑)

私も船底シート作りたくなってきました(笑)


それでは、また明日・・・

Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

自作船底シート!

 【18//2018】

2018年4月18日(水)

NEW憲志郎丸船長より「ブログネタにどうぞ!」
と画像を頂ました!

ありがたや~
ありがたや~~

フロート2

NEW憲志郎丸船長号は船底シートに乗せて
係留してらしたのですが、係留港を釣りに出ている
ポイントの近くに移された時に・・・

フロート1

船底シートの移動を断念されたそうです。

大量にフジツボが付いたシートはカナリ重く
なっていて陸揚げも大変でしょうからね~

一時期はシートを陸揚げして掃除して運ぶ事を
予定されたのですが、この港に次に係留される
方が決まっていて、その方に譲られたそうです!

このシート買ったら12万ですよ・・・

じゃ~NEW憲志郎丸船長は次の港では
どうするの?

と思っていたら・・・

フロート5

材料を購入・・・

フロート3

市販品よりも頑丈なシートを自作されておりますよ~

フロート4

NEW憲志郎丸船長の親父さんが・・・(笑)

このシートは自分で作ると材料費だけで3万円ほどで
できるそうです!

フロート6

こうやって見ると大きく見えますが海に浮かべると
小さいのですよね~

ボートも陸揚げした状態では大きく見えますが海に
浮かべると小さく見えるのです(笑)

船底シートにボートを乗せて係留するとフジツボが
付きにくいそうですよ!

シートにボートを乗せてシート内に新しい海水が入らないように
シートで船底を覆えばシートに入っている海水の酸素が
無くなり生物が生きれなくなるそうです!

釣りをしていて小魚を海水を入れたバケツに
暫く入れておくと死んでしまうのと同じ原理ですね!

酸欠ではフジツボの幼生も生きれないのです。

ブルーシートでボートを覆っている方もいらしゃいますが
出港時や帰港時にシートを剥がしたり包んだりするのが
見ていて大変そうです(笑)

私も時間とお金に余裕がある時に自作してみます!
船底塗装の回数が少なくなれば直ぐに元は取れますね(笑)

NEW憲志郎丸船長、ブログネタありがとうございました。

私が作る時にはアドバイスを宜しくお願いしますm(__)m


それでは、また明日・・・

Category: ボート

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る