2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

カテゴリ:ボート の記事リスト(エントリー順)

とうとう買ってしまった・・・

 【15//2018】

2018年2月15日(木)

先日の記事の続きみたいになりますが
私はボートで釣りをしている間、GPS魚探
は別バッテリーで作動させてるのですが
そのバッテリーは軽自動車用の小さい
バッテリーを使用しておりました。

しかも、YFC会長や元親友のカズヒロから
貰った中古のバッテリーでしたが、現在
使用しているバッテリーがフル充電で
4時間しか使えなくなりまして、先日会社で
YFC会長に「会長そろそろ車のバッテリー交換
しなくていい?」と尋ねると会長は「いや!まだ
大丈夫です!」と丁重にお断りされました(笑)

なので・・・

バッテリー1

始めて自分で新品を購入・・・(笑)

このバッテリーはダイレックスで2980円税込みですよ~
安いですよね~

これで1年以上はGPS魚探が使用できるので
安い物ですよね!

※もちろん1回使用したら充電しての事ですよ~

バッテリー2

バッテリー端子に、このターミナルを取り付けて・・・

バッテリー3

前回のブログで紹介した、このソケットを使用して
GPS魚探を作動させています!

こうやって使用するとボート本体のバッテリー
の使用を節約できるので安心して魚探を見ながら
釣りが楽しめます!

ノダ船長号に乗船した方から聴いた話ですが
ノダ船長はポイントに到着するとGPS魚探の
電源はオフにするそうです・・・

たぶん野性的感覚があるのでしょうね~(笑)

私はGPS魚探を見ながらボートの流れ具合
や水深、海底の瀬周りなどを確認しないと
釣る事ができません・・・

ノダ船長に弟子入りして野性的感覚を身に着け
ましょうかね~(笑)

ワイパー1

ダイレックスに出かけたついでに、ワイパーブレイドも
購入!

ワイパー2

これも、安いですよ~
ワイパーゴムだけでは、なくブレードと
ゴムのセットで・・・1本398円税込みです(笑)

これはボート用に購入したのですが、私は
乗用車にもこのワイパーブレードを使用して
おりますが、値段の割にはカナリ長持ちして
きっちり仕事してくれます(笑)

お勧めですよ~

さ~今週末は久々に釣りに出れる感じですね!

ヒラマサ10キロ釣れそうな予感(笑)


それでは、また明日・・・
スポンサーサイト

Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

電源ソケット作り!

 【14//2018】

2018年2月14日(水)

ボートのエンジンを停止しGPS魚探を
使用して流し釣りをやる時には、別
バッテリーの使用をおススメします!

GPS魚探本体の画面は液晶になっている
物だと使用電力は少ないのですが、振動子
(音波発信機)が常に作動しているので、これの
電力使用が大きいのです。

軽自動車のバッテリーをフル充電してGPS魚探
だけに使用して8時間~10時間程度でバッテリー
容量が無くなります。

私はポイントへ向かうまではボート本体の
バッテリーから電源を取りGPS魚探を使用します。

バッテリー6

シュガーソケットで電源が取れるようにして
おりますよ~
ボート本体から電源を取ると走っている時に
船外機エンジンの発電ボルト数がGPS画面に
表示されるので、オルタネーターが正常に
作動しているかの確認にもなりますね!

ポイントに到着したら、別バッテリーから
電源を取ってGPS魚探を作動しています。

そのためには、別バッテリーから電源を
取るためのソケットが必要になります!

それを作りましたよ~

ケーブル1

必要な物は、これだけ!

市販されている電源ソケット
バッテリーに配線するための丸端子2個
プラス・マイナスの配線1メートル程度
市販のソケットと別配線を繋ぐためのギボシ端子
ギボシ端子用圧着ペンチです!

ケーブル2

まずは、バッテリーへ配線するための
丸端子を作っていきます。

配線の被覆を剥きとる前に端子の
保護カバーを入れておいたほうがよいですね!

ケーブル3

丸端子を圧着ペンチで圧着して完成!

ケーブル4

次に、市販のソケット側の配線と接続させるための
ギボシを取り付けますが、電源側のプラス配線
には、間違えないようにメスギボシ端子とメスギボシ
カバーを取り付けますよ!赤色配線が電源プラス
になるので画像のようにメスギボシカバーを入れてます。

ケーブル5

圧着ペンチでギボシ端子を取り付けました。

画像を見て分かるように、赤色配線(+)電源
側の端子はカバー内に収まっていますので
あやまってマイナスが流れているボディーなど
に接触しても電気がショートする事がありません!

ケーブル7

ソケット側の配線はギボシ端子は逆になりますね!
プラス電源が入ってくる方がオス端子になります。

ケーブル8

電気機器の配線は赤と黒の配線では無く
画像のように黒い配線などが多いですよね!

この画像の配線は左側の白い線が入っている
配線がプラス側の配線になります。

これを間違ってギボシ端子を取り付けて
配線を繋ぎ、電気を流すとヒューズが飛んだり
電気機器が壊れたりしますよ~(笑)

ケーブル9

ギボシ端子を接続して配線が間違って無いかを
確認!

大丈夫でした(笑)

ケーブル10

これで、別バッテリーからGPS魚探の電源を
取る準備が出来ました!

私は軽自動車のバッテリー(YFC会長が1年くらい
使用したおさがり)を充電を繰り返して1年ほど
使用していますが、本当はディープサイクル
バッテリーを使った方が良いのですよね~
少々高額になりますが充電放電を繰り返しても
長持ちします!

軽自動車のバッテリーだと充電、放電を繰り返して
いると、だんだん容量が無くなりフル充電
出来なくなります(笑)

使用回数にもよりますが私が使うペースだと
1年使用すると、バッテリーを充電して4時間
程度しかGPS魚探が使用できなくなりますね~

新品のバッテリーだと、もう少し長持ち
すると思うのですが・・・

ま~釣りでGPS魚探を作動させたまま
ボートを流す方は別バッテリーを使った
方が良いと思います!

4サイクル船外機やディーゼルエンジンで
エンジンを切らないで釣りが出来るボートなら
こんなの必要ないですけどね~(笑)


それでは、また明日・・・







Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

常設アンカー作り!

 【13//2018】

2018年2月13日(火)

今回の3連休は雨や時化の為に一日
も釣りに出れませんでした・・・

ボートの色々な手配をするのには、ちょーど
良かったのですが(笑)

連休最終日には、常設アンカーを手作り
してみましたよ~

アンカー1

ドライ生コン!
砂や砕石などが入っているので、水で
練るだけよい便利なセメントです!

アンカー2

ドライ生コンを20リットルのオイル缶に
必要な分だけ入れて使用する量を
確かめておきます。

間違っても20リットル缶を満タンにして
はダメですよ~

片手で持てないくらい重くなります(笑)

セメントは水の3倍くらいの重さになるので
20リットル缶を満タンにしたら60キロくらいの
重さになります。

ボートから海に落とす時には片手は自分が
海に落ちないようにボートに捕まり、片手で
常設アンカーを海に入れることを考えると
40キロくらいがベストと思い、画像くらいの
量にしてみました!

アンカー3

セメントの量が決まったら、鉄筋を
ベストなサイズにサンダーでカット!

アンカー4

カットした鉄筋をオイル缶に画像みたいに
差し込みます。

缶にはドリルで穴を空けておきました!

アンカー5

鉄筋が動かないように番線で固定します。

アンカー6

Uボルトに鉄筋を番線で固定・・・
これは、Uボルトがセメントから抜けるのを
防止するためです!

アンカー7

最初にクロスさせてた鉄筋にUボルト
を番線で繋ぎます。

この時、セメントを入れた状態でUボルトの
頭がでる位置を決めますよ~

アンカー8

抜けなければ、番線は適当で大丈夫です!

ここまで出来たら後はセメントを練って
詰め込むだけです(笑)

アンカー9

普通はセメントを練るためのトロ箱みないな
物の中で練るのですが、そんなものは持って
ません(笑)

セメントを富士山みたいに盛り上げて真ん中に
穴を空けて、そこへ水を入れて周りから
練り込んで行きます!

アンカー10

ハイ!
練り方完成~(笑)

アンカー11

練り上げたセメントを少し入れては棒などで
突いて中の空気を抜き、セメントが均等に
缶の中へ入るようにますよ!

アンカー12

アンカー13

最後は、缶を軽くカタカタ揺すると、セメントの
表面は綺麗に平らになりますよ!

あまり揺すり過ぎると水が上がってくるので
軽くで大丈夫です(笑)

Uボルトの位置も完璧です!

作業時間は30分ほどでしたよ~(笑)

後は数日間放置してセメントを完全に乾燥
させます!

このくらい重さがあれば、アンカーが効きにくい
港でも一発で決まりそうな感じです(笑)



それでは、また明日・・・

Category: ボート

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ボートのバッテリー増設!

 【12//2018】

2018年2月12日(月)

昨日は、ミヤタさん購入のボート、ヤマハSRV23
にバッテリーの増設やGPSを取り付けるための
配線や振動子の取り付けに出かけてきました!

今回はノダ船長も手伝ってくれましたよ~

バッテリー1

バッテリースイッチも付いてたのですが
このスイッチは一つのバッテリーの電源
をオンオフするだけのスイッチです。

今回は2バッテリーシステムにするために
1番、2番の切り替えスイッチを取り付けて
バッテリーをもう一つ増設します!

バッテリー3

ハイ完成~(笑)

バッテリー4

配線を作ったりしているところの画像も
撮りたかったのですが、寒くて寒くて・・・(笑)

このスイッチを取り付けて置くと、二つの
バッテリーを航海ごとに交互に使用できます。

そうやって使用すると二つのバッテリーが
常に充電されている状態にあるので
航海灯スイッチの切り忘れなどでバッテリー
が海上で上がってしまっても、もう一つの
バッテリーでエンジンを始動することが出来ます!

安心ですよね~

バッテリー5

GPS魚探を取り付ける為の配線を
バッテリーから直で船室内に引き込み
ました!

バッテリー6

GPS魚探をソケットで電源が取れるように
シュガーソケットを取り付けました!

ポイントに到着してGPS魚探を使用しながら
釣りをするときには、GPS魚探専用に
バッテリーを持ち込んだ方が良いので
ソケットを入れ替えるだけで電源が取れる
ように、この方式にしました!

2スト船外機はアイドリングが苦手なエンジン
なので、沖でエンジンを掛けたまま釣りを
することは出来ません・・・

なのでバッテリー上がりを防ぐために
別バッテリーでGPS魚探を使用できる
ようにしていますよ~

GPS魚探本体も取り付けてみて、サイズなどを
合わせてきたので、すぐに埋め込みできる
ようにしておりますが、新品GPSを盗まれると
イケないので本体は私が持ち帰ってきましたよ(笑)

さ~次は船底塗装ですよ~
お手伝いの皆様、気合を入れて頑張りましょうね~


それでは、また明日・・・

Category: ボート

Comments (8) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ボート係留の準備!

 【11//2018】

2018年2月11日(日)

YFCブログを毎日訪問して下さっている
皆様、申し訳ありませんでしたm(__)m

昨日の夕方に「浮かんでるだけで幸せ♪」の
ハヤシさんから「ブログは更新されてないのですか?」
とLINEが入りました。

ん?
自動更新の日時を間違えたかな?
と思い自宅のPCを確認して見ると・・・

土曜日の記事を一日早く更新してしまっていました(笑)

なので金曜日に二つの記事を更新していたのです・・・

という事で、皆様には金曜日からの記事を2日間お楽しみ
頂きました(笑)

昨日は・・・

ボート1

このボートを係留するための準備でオナーさんと・・・

港2

係留場所の契約や港の管理人さんへの挨拶、
そして、ボート操船の練習を私のボートで行って
おりました(笑)

その後、「烏賊鐵會」の相談役に「竹林」で
ラーメンをご馳走になり、皆と別れてから大急ぎで
係留ロープや金具品、ブイなどを購入しに大川市
まで出かけてきました。

係留1

アンカー用のロープ、係船用のロープだけでも
2万円少々・・・

係留2

それにシャックルなど必要金具やブイなどを
合計すると・・・

領収書

ハイ4万円~~(笑)

この店のお祖母ちゃんから「船遊びは金が掛るね~~」
とニコニコしながら言われましたよ~(笑)

これ、アンカー代金は入ってません!
ちなみに、この店で17キロアンカーが65000円だそうですΣ(ω |||)

お祖母ちゃんが「アンカーは要らんとね!」と言って
きたので私が「要らん!」と答えると・・・「ふ~ん」
だそうです(笑)

アンカーは私がセメント練って作ります(笑)

これで、係留用品は揃ったので、次はGPS魚探
の取り付けと予備バッテリーの取り付けを終わらせ
ないとイケません・・・

3月の頭に係留予定なので、まだまだ忙しく
動かないとイケなくなりますね~(笑)

ちなみに昨日は、ボートオーナーさんの操船練習
に出たのですが、「烏賊鐵會の」相談役も操船
練習してみたら、ハマりました~~

ボートの免許を取に行くそうですよ~(笑)

また一人ボートオナーが増えるかなぁ~


それでは、また明日・・・

Category: ボート

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る