2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:ボート の記事リスト(エントリー順)

チルトオイルの補給・・・

 【27//2017】

2017年4月27日(木)

マイボートのチルトシリンダーから
チルトオイルが少しづつ漏れている
のですが、あまり見ないようにしています(笑)

でも、漏れてると言う事はオイルは無くなります・・・
オイルが減るとモーターが回転する時に
少し泡を噛んだような音が出ます。

この音が出るとオイルが減ってるサインです!

チルト2

画像の中心に映っている変な形の物が
チルトオイルタンクになります。

そのタンクの中心に見えている六角の
ボルトを緩めてオイルを入れるのですが
このボルトを海に落としたら大変ですので
ボートを係留したままの作業は慎重に
やらないとイケません(笑)

チルト1

このオイル容器を使ってオイルをつぎ足します。
ボルトの穴からオイルが出るまで
オイルを入れるのですが、こぼれると海にオイルが
流出するのでウエスなどをタンクに巻いて
オイルが海に落ちないようにしました!

ですが・・・

チルト3

ウエスを超えてオイルが流出・・・( ノД`)

中性洗剤を使ってオイルを中和しました。

チルト4

その後、エンジンも始動させての点検!

キャブ掃除したのでメッチャ調子よくなりました!

チルト5

それから色々と探検してたのですが
目立つのは、この汚れ・・・

イカスミだらけです(T_T)

アオリが釣れるのは楽しいのですが
釣れるたびにボートは汚れます・・・

エギングを楽しむ皆さん、もう少し
ボートを綺麗に使ってあげてください(笑)

点検1

点検2

帰りにノグチ船長号と飛鷹丸船長号を
目視点検・・・異常無し!



それでは、また明日・・・



スポンサーサイト

Category: ボート

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ライフジャケット着用義務化!

 【20//2017】

2017年4月20日(木)

goldridernews19[1]

ライフジャケットの着用義務拡大

国土交通省は2月1日、海中転落による死亡・行方不明を防止するため、原則としてすべての小型船舶乗船者にライフジャケットの着用を義務化する内容の「船舶職員及び小型船舶操縦者法施行規則の一部を改正する省令」を公布しました。

平成30年2月1日以降、小型船舶の船室外の甲板上では、原則、すべての乗船者にライフジャケットを着用させることが、船長の義務になります。

違反者は最大6か月の免許停止になります!

乗船者にライフジャケットを着用させなかった船長(小型船舶操縦者)には、違反点数2点が付され、再教育講習を受講しなければなりません。違反点数が累積して行政処分基準に達すると、最大で6か月の免許停止になります。なお、再教育講習を受講した方は2点の減点となります。

注)違反点数の付与は、平成34年2月1日から開始されます。※従来から着用義務がある12歳未満の小児、水上オートバイの乗船者、1人乗り漁船で漁ろうに従事する者には従来どおり違反点数が付与されます。

goldridernews19_2[1]

YFC号に乗船される方への注意事項!!

メンバーやメンバーの友人の方などがYFC号での
釣りを楽しんで頂いてますが、現時点では、ボートの
定員分のライフジャケットを常備しておく義務だった
規則がボート乗船者にライフジャケット着用の義務化
に改正されました。

「ボート定員分のライフジャケットの常備も義務です」

平成30年2月1日より乗船者にライフジャケットを着用
させる事が船長義務となりますが、平成18年の夏から
義務化に向けての指導などに取り組まれるそうです。

上記の事に従い今後YFC号に乗船される方には
必ずライフジャケットを着用して頂きます!!

個人でライフジャケットをお持ちでない方はボートに
常備しているオレンジ色のライフジャケットを着用
して頂く事になります!

これからは暑くなる季節ですので、ボート常備の
ライフジャケットを着用すると熱いと思われますが
絶対に着用して頂きますので、出来れば軽微な
ライフジャケットを個人で用意して頂きますよう
お願いします。

ライフジャケット着用をお願いしてもライフジャケットを
着用して頂けない方は、YFC号への乗船は出来ません!


自分の命を守るための物ですのでボートで釣りを
楽しみたい方には絶対に必需品ですよね!

ボートでの釣りを楽しんで頂く為にもライフジャケット
着用は守って頂きますので、よろしくお願いします。


それでは、また明日・・・









Category: ボート

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ボートメンテ・・・

 【13//2017】

2017年4月13日(木)

8日土曜日のボートエギングから港に
戻って接岸するとエンジンが不調に・・・

エンジンを冷却するために暫くアイドリング
するのですが、何か1気筒動いて無いような
感じのアイドリングで少し経つとエンスト・・・

先日、プラグキャップを交換した時に
プラグもついでに点検したのですが
その時に締め込みが緩くて圧縮漏れ
してるのかな?
と思いカウルを外して確認しましたがちゃんと
締まっていました・・・

じゃ~不調の原因はキャブしかない・・・(T_T)

という事で9日の日曜日にキャブのオーバーホールに
出かけてきました(笑)

キャブ1

船外機から、さっそくキャブを取り外して・・・

キャブ2

分解に入ります!

キャブ3

スロージェットの詰まりがアイドリング
不調の原因と思い分解して確認すると・・・

キャブ4

一つのキャブのスロージェットが汚れて
詰まっていました(笑)

メインジェットは全て綺麗な状態でしたので
全開走行などは問題ありませんでしたが
この際なのですべて分解して掃除しましたよ~

キャブ5

キャブ本体もキャブクリーナーを入れて
綺麗に掃除しました!

キャブクリーナーを使用した後には
パーツクリーナーでキャブクリーナーを
除去します!

この時にキャブ本体のエアー通路や
燃料の通路がちゃんと通っているのかを
確認しながら清掃します!

キャブ6

ハイ!
オーバーホール完了!!

綺麗になりました(*^_^*)

キャブ7

エンジンに組み付けてキャブ調整を
するとアイドリングもバッチリです!

キャブ8

少し高めの900回転でセットしました。

試運転も済ませて走行の調子も確認!

キャブ9

船外機も再び調子よくなりました!

これからのハイシーズンに向けて
ちゃんとメンテしておかないと出れなく
なりますからね~(笑)

一人でのんびりメンテして3時間ほどの
作業でした。

これで今週末も出れますよ~~


それでは、また明日・・・

Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ボートの販売依頼・・・

 【07//2017】

2017年4月7日(金)

先日、ノダ船長から「おい!誰かボートを
買うヤツを知らないや!」と電話がありました。

私が「ん?何のボート?」と返事すると
ノダ船長の口から出た言葉が・・・「SRV23}

え~~私が欲しかったボートですが高くて
買えませんでした(笑)

それがメッチャ格安の値段・・・
私が「画像は?」と聞くと・・・「ない!」(笑)

いやいやいや普通ボートの販売をするときには
画像は必要やろ!

と言ってたら、昨日、ノダ船長が画像を撮りに
ボートの場所まで出かけてきたそうです。

ボート1

ボート3

ボート4

ん~~
船首にFRP補修の跡があるしガンネルもアウト・・・
結構荒く使用されてたみたいですね~

ボート5

船外機も23フィートのボートに80馬力は
小さすぎです。

元のオーナーさんは湾内の釣りだけを楽しんで
おられたそうでして外海には出てなかったそうです。

そんな理由なら、このエンジンで十分なのですが
売るとなると問題ですよね~

しかも、この船外機はロアケースがダメになっており
ロアケースの新品を見積もりだしてもらったら
ロアケースだけで25万円それに工賃とボートの輸送
料などを業者さんに支払っていると40万円近くなる
そうです(笑)

なので、私が提案した事が「馬力不測の船外機に
高額な修理を台を支払うより大型の中古船外機を
探して乗せ変えした方がボートも売れるかもよ!」

と言う事になり現在修理は中止して2スト115馬力の
中古船外機を探しております(笑)

ボート6

操縦席などは年式なりの状況です。

こんな部分は後からどうにでもできますからね!

少々汚くても気にしないで良い部分です。

ボート7

船室は私のボートに比べると狭いのですが・・・

ボート8

そのぶん釣りを楽しむ場所は広くなってます!

船外機カバーも付いているので船外機の
日焼けも防げますね!

ボート9

燃料タンクも綺麗です。

現在のところ、船外機の件で値段が決まって
いませんが、船外機を交換するか、ロアケース
を新品にするかで値段も変わってきます。

買う人を探してくれと言う事だったのですが
現時点では保留になりました(笑)

船外機の件がはっきり決まり値段が決まったら
またブログでお知らせしますね!

でも、もしこのボートを買ってもガンネル交換や
FRPの補修を業者に依頼するとなると高額な
修理になるでしょうね~(笑)

そうなると、私のボートの方が、まだ良いですね(笑)

ノダ船長に乗り換えれば~と言うとノダ船長も
要らないと即答でした(笑)


それでは、また明日・・・



Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プラグキャップの交換!

 【27//2017】

2017年3月27日(月)

26日の日曜日は係留港の総会があり
出かけていました。

が、時間よりも早く出かけて総会の前に
船外機のプラグキャップを交換してまいり
ましたよ~

プラグキャップ2

ちょっと画像が悪いのですが、通常の
プラグキャップはイグニッションコイルから
出ている配線にねじ込んであるだけです。

なので通常のネジを緩めるように左周りに
ねじるとキャップが取れるのですが、私の
船外機のキャップは、ねじっても取れません??

くるくる回るのですが取れません????

なので力ずくで引っ張てみると原因が分かりました!

プラグキャップ7

これが古いプラグキャップなのですが
画像で分かりますかね~

コードが入る側にコの字型に曲がった針金
のような物が見えます。

プラグキャップ8

あ~
これも画像がボケている(笑)

このコの字型に曲がった針金がイグニッション
コイルから出てきた配線を貫通させて
電気を取っている仕組みになっていました!

ん~
色んな取り付け方があるのですね~
また勉強になりました!

プラグキャップ1

新しく交換するプラグキャップはねじ込み式
になってるので、右にねじっていくと配線と
つながります!

この要領で4本とも交換しましたが、ついでに
プラグの焼け方も確認・・・

プラグキャップ3

きちんとオイルもまわってるようです!

プラグキャップ4

ん~~
見にくくてすみません(笑)

プラグの焼け方もバッチリでした!

プラグキャップ5

プラグキャップ6

これでプラグキャップ交換の作業は終了です。

エンジンを始動してみましたが一発始動でした!

次からプラグキャップが抜ける事もないので
安心して釣りにでれます(笑)

ず~~っと気になってた部分の修理が
出来てスッキリしました!

エンジンのメンテだけは早めにやっておかないと
沖でトラブルになると、どうしようもないですからね!


それでは、また明日・・・





Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る