FC2ブログ
2013 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2013 03

ガリガリ君バモスのリヤブレーキ、カップゴム交換と会長の…

 【24//2013】

2013年2月24日(日)

今日は、朝10時からYFCメンバーのガリガリ君号バモスのリヤブレーキのカップゴムを交換しました。

ブレーキのカップゴム?なんじゃそりゃー?ですよね。

ブレーキの部品の中では、一番重要な部品と言っても過言ではないものです!

会長とアキラ君が手伝いに来てくれました。

ガリガリ君、本人は来てません(怒)

それでは、これよりショータイム始めます(笑)カナリ画像が多くなりますよ!

バモス・1

まずは車のリフトアップです4輪とも浮かせての作業になります。

バモス・2

次にリヤ・ブレーキドラムを外していきます。

バモス・3 
バモス・4
バモス・5

ロックナットが外れたらドラムをプーリープーラーと言う工具で引き抜きます。

(車種によってはドラムを叩けば外れる物もありますよ)

バモス・6

ドラムが外れて、やっとカップゴム交換の準備ができました。

バモス・7

ドラムブレーキの構造です。

バモス・8

ブレーキ・ライニングを固定している左右のピンを外します。

バモス・9

ライニングをプレートから外します。

バモス・10

外れました。

プレートの上の部分に見える横長の筒状の物がブレーキを動かしている、マスターシリンダーといいます。

この中の部品を交換します。

バモス・11

ピストンを抜くとブレーキ液が出てくるので、要らないタオルなどを掛けておきます。

バモス・12
バモス・13
バモス・14

これがブレーキピストンです、このゴムの部分をすべて交換します。

ゴムは長く使うと劣化して、ヒビや割れが起こり、そこからブレーキ液が漏れたりするとブレーキが利かなくなります。

だいたい2年に1回は交換する部品です。(車検時)

バモス・15

マイナスドライバーなどで、ピストンに傷を入れないように、カップゴムを外します。

バモス・16

新しいカップゴムキットです。

バモス・17

向きを間違えないように組み付けます。

バモス・18
バモス・19

ゴムの劣化を防ぎ、滑りをよくするためにラバーグリスを塗ります。

バモス・20

ピストンを組み付ける前にシリンダーの中を掃除しておきます。

タオルなどではダメですよ、繊維が残らない、使い古しのTシャツがベストです!

バモス・21

そして、ピシトンの組み付けです。

作業を進めていると、近くで話し声が、「アキラ君が誰かと話してない?」と私が言うと会長が見に行き。

バモス・22

近くで雷魚釣りに挑戦していたアキラ君が、私の家の近所のおばちゃんと、もう仲良くなっていました(笑)

バモス・23

ライニングを組み付ける前に、プレートをパーツクリーナーで掃除です。

バモス・24

ライニングが当たる部分にブレーキグリスを着けておきます。

バモス・25
バモス・26

そして、ライニングを組み付けていきます。

バモス・27
バモス・29

これで、ライニングの組み付けは終了です。

バモス・30
バモス・31

300番ペーパーでライニングの表面の焼けた部分を削り落とします。

バモス・32

ドラムも磨きます。

磨くときは回転方向に磨いてはダメですよ、回転方向に対して真横に磨きます。

バモス・33

ドラムを1度取り付けてライニングとドラムの隙間を確認します。(中は見えないので摺合せの間隔です)

バモス・34

隙間が多いときは、調整します。

少しずつ調整しては、ドラムを着けて確認を繰り返します。

あまり隙間を詰めすぎると、ブレーキの引きずりを起こしますので、調整は慎重にやります。

バモス・35
バモス・36
バモス・37

ドラムを戻して、カップゴム交換は終了です。

バモス・38

フロントブレーキも、キャリパーとブレーキパットを外して掃除します。

バモス・39
バモス・40

ブレーキパットにも、キャリパーにあたる所にブレーキグリスを着けて組みなおして終了です。

バモス・41

車を上げたついでに、エアクリーナーも交換です。(バモスは車の下に潜らないと交換できません)

新車から3年、3万キロ走ったエアクリーナーは結構汚れてますね。

バモス・42

エアクリーナーの取り付けに潜りまーす(笑)

バモス・43


後はブレーキ液のエア抜きをやって終了ですが、これが一番大切です。

完璧にエア抜きをしないと、ブレーキが、ちゃんと効きませんから!

バモス・45

ホースを着けている部分から、バルブを緩めるとブレーキ液が出てきます。

ブレーキ液のタンクが着いている場所から一番離れているブレーキからエア抜き開始です。

バモスは運転席の右前に、タンクがあるので、左後ろのドラムからエア抜きします。

バモス・47

下の瓶に汚れたブレーキ液を出します。

この時に透明の瓶を使わないと、エアが出ているのが分かりません。

バモス・48
バモス・49

ブレーキ液タンクからブレーキ液を切らさないように、ブレーキ液を足しながら、ブレーキを踏み

エア抜きをします。

3~5回ブレーキをポンピングして、ドレーンバルブを緩める、をエアが出なくなるまで、ひたすら続けます。

バモス・50

こんな感じで汚れたブレーキ液が出てきます。

バモス・51

左右のリヤブレーキが終わったら、次はフロントも同じようにエア抜きします。

バモス・52

3年でこんなに汚れてますね。

ブレーキ液は定期的に交換しないと、液の効力が無くなり、ブレーキ液に気泡が入り、ブレーキの効きが悪くなったりしますからね。

これでバモスのカップキット交換は終了ですが、会長が、お母さんのトッポのフロントブレーキパットを

自分で交換する、との事ですので近くで見守る事に…

トッポ1

おっ さまになってますねー

トッポ2

私が以前やった作業を思い出しながら、やってます(笑)

トッポ3

順調ですよー

トッポ5

無事にパットが外れました。

ちょうど良い交換時期ですね。

トッポ6

新しいパットにブレーキグリスを着けていきます。

トッポ7

パットをキャリパーに組み付けていきます。

トッポ8

無事に組み換え終了です。

やったー 自分でできた― と会長も喜んでました。

何でも挑戦することは良い事です。

自分で頑張って、できた時の喜びは大きいですよね会長!

私の家に来るときは、アキラ君がトッポを運転してきたのですが、帰りは運転したくないと言ってました(爆)

無事に作業が終了して、会長が昼ご飯を、ごちそうしてくれると言う事で、私の家の近くにある

テレビなどにも出ている、カツカレーで有名な、ドライブイン 一平、へ行く事に…

一平大盛りカツカレー

3人ともカツカレーを注文しましたが、アキラ君だけ大盛りを注文、これが大盛りです。

皿からカレーがこぼれています(笑)

普通カレー

これが普通ですよ!

アキラ君大盛りカレー

アキラ君の体に比べてたら大きさが分かりますよね。

これを、アキラ君はペロッとたいらげます。

アキラ君かん食

大盛りカツカレーを完食したアキラ君のお腹です(爆)

凄いです!

なんで、こんなに食べて太らないのか不思議です。

羨ましー

会長ごちそう様でした。

また、記事が長くなりました、車の記事は画像が多くて、どうしても長くなります…



訪問ありがとうございました。

最後にYFCロゴをポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 自動車整備

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る