FC2ブログ
2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

ボートメンテの必要性!

 【19//2017】

2017年7月19日(水)

先日、知り合いの方がマイボートで沖へ
出ていて沖で急にハンドルが切れなくなった
そうです。

一人で釣りに出てたのでどうする事もできずに
マリーナに救助依頼して沖で応急処置をして
頂いたそうです。

故障の原因は油圧ハンドルの油漏れで
ポンプ内のオイルがレベルが低下して
油圧シリンダー内にエアーを噛みを起こして
ハンドルが切れなくなると言う故障・・・

この故障だと二人居れば港まで帰る方法は
あるのですが一人だと厳しい状況になります!

整備3

整備6

整備8

整備15

油漏れの原因は、色々考えられますが
一番多い原因は油圧ポンプのXリング摩耗
によるものが多いそうです。

その他は、油圧シリンダーからの油漏れや
油圧ホースの破損などによる油漏れなど・・・

油圧ハンドルはワイヤーハンドルに比べると
故障は少ないのですが油漏れなどの点検は
欠かせません!

少しでもオイルが漏れてるのが分かったら早めに
交換やメンテをやらないと大変な事になります。

今回、知り合いは沖で応急処置をしていただいて
マリーナで完全な修理をお願いしたそうです!

船外機はエンジンが動けば大丈夫と思っていると
大変なトラブルに見舞われることがあります。

私も以前、一人で釣りに出ていてポイントを移動
するためにエンジンを始動してハンドルを回した
瞬間に「バキッ!」と音がしてハンドルがメッチャ
軽くなり船外機を確認すると船外機が左右に
振れて大変な事になっていました。

急いでアンカーを入れてボートを固定して
原因を調べると・・・

修理9

油圧シリンダーを固定している左右のアーム
が正常な状態だと船外機のチルトと一緒に
上下に動かないとならないのですが、私の
ボートは左右のアームが塩噛みにより固着して
下がったままの状態で動かなくなっており
シリンダーと船外機を繋ぐボルトが摩耗して
折れてしまったのです(笑)

私が現在のボートを手に入れた時から動いて
無かったのでしょうね・・・

この時は、とりあえず、ボートに乗せてた
ステンレスワイヤーや細い紐などを使って
応急処置をして帰ってこれました(笑)

修理2

修理1

修理7

後日、塩で固着して動かなかったアームを
ガスバーナーで炙り左右とも何とか取り外して
修理することが出来ました。

後は、船外機のリモコンやリモコンワイヤー、
ギヤオイルやペラの点検などは定期的に
やらないと、これらのパーツも沖で故障すると
帰れなくなりますからね!

マイボートで釣りを楽しむ方は、自分のボートに
少しでも異常を感じたら、自分でメンテするか
それが出来ない人はプロにお任せして修理して
もらいましょうね!

私も一度、仲間のボートで沖へ出ている時に
エンジンが焼き付きを起こして帰れなくなり
マリーナに救助してもらった経験があるのですが
何にもない海の上で救助を待ってる間は心細かった
のを今でも覚えております。

私も二度とこのような事が無いように早めの
修理と日ごろのメンテを心がけております(笑)

ボート遊びは楽しい反面一つ間違えると
命に関わりますからね!

注意し過ぎるくらいで丁度よいと思います!



それでは、また明日・・・

スポンサーサイト

Category: ボート

Comments (3) | Trackbacks (0) | トップへ戻る