2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

リールスプールの修復!

 【15//2017】

2017年4月15日(土)

先日、ピエロ君より依頼されたリールメンテ時に
私がスプールの傷に気が付き修復を試みて
成功したブログを見てYFCメンバーのクサカリ君
が電話をしてきました。

「釣りバカさん、ブログを見て俺のスプールも
触ってみたら傷がありました。最近PEラインが
よく切れると思っていたらこれが原因ですか?」

との事でした。

ハイ!それが原因です(笑)

メンテ1

はい、クサカリ君愛用09エメラルダスが我が家へ
やってきました(笑)

メンテ2

さっそくスプールを触ってみると爪が掛かる傷が
数か所にありました。

これじゃ~PEラインは切れます(笑)

スプールはリールの軽量化の為にアルミで
出来ている物が多いです。

アルミは柔らかいのでリールを地面に置いた
だけでも傷が入ることがあります!

車にタックルを積むときにも硬いものの横に
積んだりしているとリールと接触したときに
傷が入っていると言うこともありますので
取り扱いには十分注意が必要ですね!

メンテ3

今回は傷が深いので1000番のペーパーで
磨いて行きますがPEラインに傷が入らないように
マスキングします。

メンテ4

このくらいに切り取ったペーパーで地道に
磨いて行きます。

絶対に力を入れて磨いてはイケません!

力を入れて磨くと一部分だけが変形しますからね(笑)

地道に地道に磨いて傷が無くなったら・・・

メンテ5

次は液体コンパウンドで仕上げていきます。

少量を布に付けてこれも地道に磨きます(笑)

ペーパーで磨いた部分がツルツルになるまで
磨かないと、これをサボると余計にPEラインが
痛むことになります。

地道な地道な作業ですよ(笑)

メンテ6

そして、また余計なところに気が付いて
しまいました・・・

スプールを取り外すときにドラグラチェットが
摩耗していて、なかなか抜けませんでした。

画像上のドラグラチェットが摩耗した物で
下のが新品の物です。

ドラグワッシャーも完全に潰れていました(笑)

メンテ7

メンテ8

シャフトが入る四角い穴が広がってるのが分かりますよね!

これが完全に広がってしまうと、シャクルたびに
スプールが空回りしてドラグが勝手に締まって
行く現象が起きます(笑)

ドラグラチェットがこのようになる原因は、エギが
根掛したときにドラグをいっぱい締めこんで
ロッドでフルにシャクッてエギを取ろうとしている
方によく見られる故障です。

ドラグをいっぱいに締めこんで根掛を外すのは
絶対にダメですよ!

リールにカナリの負担が掛るので色んなパーツに
無理が来ます。

エギが根掛した時には軽くシャクッて取れないなら
スプールを手で押さえてロッドを根掛方向に真っすぐに
向けて自分が下がるかロッドを引くようにして外しましょう!

根掛相手が藻だった場合はラインの結束さえきちんと
出来ていれば、この方法でエギも回収できます。

回収できないときは相手が悪かったと思い諦めましょう(笑)

リールが壊れるよりエギロスの方が安いですよ(笑)

メンテ9

新しいドラグワッシャーにドラググリスを塗り込んで
組み付けて行きます。

メンテ10

ついでに、セミメンテもやってあげました(笑)

ギヤなどに少量のグリスを注入!

メンテ11

ベアリングにもオイルを注入!

メンテ12

ラインローラーベアリングも清掃後に
オイルを注入!

メンテ13

ハイ!
これで完成です(笑)

スプールも完全に直りましたよ!

ドラグもメッチャ微調整が効くようになりました。

これでクサカリ君も再び2キロを狙えますね!

クサカリ君、釣果報告楽しみに待ってますよ~


それでは、また明日・・・



スポンサーサイト

Category: リールメンテ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks