2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

常設アンカー作り!

 【13//2018】

2018年2月13日(火)

今回の3連休は雨や時化の為に一日
も釣りに出れませんでした・・・

ボートの色々な手配をするのには、ちょーど
良かったのですが(笑)

連休最終日には、常設アンカーを手作り
してみましたよ~

アンカー1

ドライ生コン!
砂や砕石などが入っているので、水で
練るだけよい便利なセメントです!

アンカー2

ドライ生コンを20リットルのオイル缶に
必要な分だけ入れて使用する量を
確かめておきます。

間違っても20リットル缶を満タンにして
はダメですよ~

片手で持てないくらい重くなります(笑)

セメントは水の3倍くらいの重さになるので
20リットル缶を満タンにしたら60キロくらいの
重さになります。

ボートから海に落とす時には片手は自分が
海に落ちないようにボートに捕まり、片手で
常設アンカーを海に入れることを考えると
40キロくらいがベストと思い、画像くらいの
量にしてみました!

アンカー3

セメントの量が決まったら、鉄筋を
ベストなサイズにサンダーでカット!

アンカー4

カットした鉄筋をオイル缶に画像みたいに
差し込みます。

缶にはドリルで穴を空けておきました!

アンカー5

鉄筋が動かないように番線で固定します。

アンカー6

Uボルトに鉄筋を番線で固定・・・
これは、Uボルトがセメントから抜けるのを
防止するためです!

アンカー7

最初にクロスさせてた鉄筋にUボルト
を番線で繋ぎます。

この時、セメントを入れた状態でUボルトの
頭がでる位置を決めますよ~

アンカー8

抜けなければ、番線は適当で大丈夫です!

ここまで出来たら後はセメントを練って
詰め込むだけです(笑)

アンカー9

普通はセメントを練るためのトロ箱みないな
物の中で練るのですが、そんなものは持って
ません(笑)

セメントを富士山みたいに盛り上げて真ん中に
穴を空けて、そこへ水を入れて周りから
練り込んで行きます!

アンカー10

ハイ!
練り方完成~(笑)

アンカー11

練り上げたセメントを少し入れては棒などで
突いて中の空気を抜き、セメントが均等に
缶の中へ入るようにますよ!

アンカー12

アンカー13

最後は、缶を軽くカタカタ揺すると、セメントの
表面は綺麗に平らになりますよ!

あまり揺すり過ぎると水が上がってくるので
軽くで大丈夫です(笑)

Uボルトの位置も完璧です!

作業時間は30分ほどでしたよ~(笑)

後は数日間放置してセメントを完全に乾燥
させます!

このくらい重さがあれば、アンカーが効きにくい
港でも一発で決まりそうな感じです(笑)



それでは、また明日・・・
スポンサーサイト

Category: ボート

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks