2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

ボートの燃料タンク清掃!

 【20//2018】

2018年5月20日(日)

土曜日は時化の為にボートエギングは中止・・・

なので最近気になっていたボートの燃料タンクの
掃除に出かけてきました。

少し波が高い時に叩きながら走ると港に
戻った時に燃料フィルターに水が溜まる事が
あり気になってたのです。

ボートを手に入れて4年くらいになりますが
一度も燃料タンクの掃除をやった事がありませんでした(笑)

掃除1

100リットルほど入る燃料タンクです。
海面に近い部分に設置してあるので海水との
温度差でタンク内に結露して水が溜まるようです。

掃除2

タンクの中心にある燃料ゲージフロートを
取り外して、燃料を抜き取ります。


掃除3

画像のポンプ、めっちゃ使いやすかったですよ~
300円からおつりがくるくらいの値段でした(笑)

掃除4

ポンプをタンクの奥まで差し込まないように
気を付けてタンク内の燃料を抜き取り、最後の
10リットルほどをタンクの底にポンプを突けて
抜き取ると、水が混じったガソリンが出てきました。

バケツに入れると分かるのですが、水とガソリンが
綺麗に分離しています。

この状態からさらにガソリンの部分だけをポンプで
抜き取ります。、

掃除5

ガソリンの層を1センチほど残して抜き取り終了!

水は3リットルくらい入っておりました。

掃除6

次にタンク内の清掃ですが、太めの針金を2重に
曲げて先の方にぼろ布を結びます。

これをタンク内に入れて感覚でタンク内を清掃します(笑)

掃除7

ぼろ布を数枚交換しながら掃除すると、こんなに
汚れが取れました!

やっぱり中は汚れてるのですね~

掃除9

画像では分かりませんね~(笑)
中は綺麗になりましたよ~

掃除10

フロートを元に戻して燃料を満タンに
入れました!

なるべく満タンにしておかないとタンク内に
空気があるほど結露が起きますからね~

掃除11

こうやって見るとガソリンと水の分離している
部分が良く分かりますね!

このガソリンは使えないので燃料を買った
ガソリンスタンドで引き取って頂きました。

掃除12

ゴミや水を頑張って抜き取ってくれてた
燃料フィルターもパーツクリーナーで
掃除しましたよ!

掃除13

ハイ!
綺麗なガソリンが入りました(笑)

掃除14

燃料タンクに水が溜まる原因は結露が大半
だそうですが、燃料の給油キャップの鍵穴
からも侵入することがあるそうです。

掃除15

とりあえず、せっかくタンクの掃除したので
水が入らないようにテープ張って帰りました(笑)

このキャップにキッチリ取り付けできるキャップを
探してみます!

スプレーオイルの556のキャップがキッチリ合うと
教えてもらったのですがキャップだけ売ってない
ですからね~(笑)

燃料フィルターを新しくしてからはキャブが調子良い
のですが、古いフィルターの時には年に1回キャブ
のオーバーホールをやらないと調子が悪くなって
おりました。

燃料の水雑じりが原因だったのでしょうね!

4スト船外機を使用している方は、タンク内の
水には気を付けておかないとキャブ使用じゃない
船外機は直ぐにノズルが詰まりエンジン不調の
原因になりますよ~(笑)

気になっていた作業が終わったので次からは
安心して沖へ出れます!


それでは、また明日・・・






Category: ボート

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る